白髪が増えてきたのに、肌が弱くて。

白髪がちらほら出てきたのは30代後半でした。
43歳ごろから、前髪をかき分けると白髪がかなり目立つようになってきたんです。
最初は髪をかき分けないと見えないので気にしてはいなかったのですが、そのうちに目立つ部分にも増えてきて。

私はアトピー体質で肌が弱く、若いころに一度だけ髪を染めた時に頭皮がかぶれたことがあります。
それから髪を染めたことはありませんでした。
ヘアマニキュアなら肌に負担が少ないと美容院で聞き、それからはヘアマニキュアをしていたのですが、一回5000円くらいかかるのです。

なにか、肌に負担をかけないで手軽にできる白髪染めはないものか・・。
完全に色が変わらなくても、目立たなくなるくらいでいい。

そんな時、ラジオの通信販売で、ボタニカラーシャンプーというものを知りました。
毎日使うことで、徐々に髪の毛に色がついていく、というものです。
ネットで調べてみると、肌が弱い人でも大丈夫という口コミを見つけ、さっそく買ってみることに。
トリートメントも一緒に購入しました。

届いた夜から使ってみると、シャンプー自体が茶色くて、泡も茶色です。
かと言って、それが指や肌につくということもありません。
ヒリヒリ感もなく、普通のシャンプーと同じように使えました。
トリートメントもして、入浴後乾かすとフルーツのようなにおいがして髪の毛もしっとりサラサラです。
匂いが独特なのではないかと心配していたので、ほっとしました。

白髪染めランキング

もちろん一日で効果は特にわかりませんでしたが、使い始めて10日ほどたったとき。
明らかに白髪が目立たなくなったのです。
真っ白が、薄い茶色に染まった感じ。
これは、へアマニキュアをして半月ほどたって落ち始めた時と同じくらいの色です。

私は元々、完全に普通の髪の毛と同じ色にしたいとは思っていなかったので、これで十分と思いました。
トリートメントもしているので髪の毛もまとまりやすくサラサラだし、価格的にも高いわけではないので、今後もずっと使い続けると思います。

こめかみの白髪

①いつの頃から
白髪に気づいたのはいつの頃から?。30代に入ると白髪が気になるようになりました。学生時代にも少しですが後頭部あたりに白髪があったらしく同級生から指摘されていましたが気になるというほどは生えていませんでした。それが30代を境にこめかみの白髪が目立つように。

②こめかみの白髪って
ほかの部分の髪の毛(前髪など)で隠れてあまり他人には目立たないのかもしれませんが自分では鏡を見る機会などに、こめかみの白髪ってすごく気になります。特に髪の毛が伸びてくると髪の毛の根元なんかは・・・。

③白髪染め
白髪染めは自分でおこなっています。おおむね月に2回程度。この頻度が多いのか少ないのか。自分ではメーカーや商品にこだわりはありません。ドラッグス トアの安い商品を見繕って選んでいます。ただ染めるときの利便性や染まり具合のことを考えて小さいブラシの付いている商品を必ず選んでいます。

④髪のダメージ
あまり白髪染めをしすぎると髪が傷むとか言われていますが、実際はどうなのでしょうか。以前に円形脱毛症を発症させたことがありました。理容師さん曰く は白髪染めのしすぎも原因の一つだとか言われました。すぐに直りましたがその間は白髪だらけの頭で過す羽目に。結局何事もほどほどにということなのでしょ うか。なにはともあれ私的には薄毛よりも白髪の方がマシかとか考えています。だから、白髪染めはほどほどに・・・。

白髪が増えてきてから。

40代の中ごろから頭髪に白髪がかなり目立つようになりました。仕事がら営業をしているので外回りには身だしなみはかなり気を付けるのですが、やはり白髪 も散発的に見えるようになった時は見苦しかったので白髪染めを利用することにしました。

最初は理容院に通って白髪染めを行っていました。費用的には結構い い値段が掛かりましたが、やはり綺麗に白髪を染めてくれるので仕事にも恥ずかしくないように身だしなみは整っていましたね。よく白髪染めを行うと内臓に影 響があるという話を聞きましたが、私の場合は内臓に出てくることはありませんでした。白髪を染めてもやはり数か月たつと染料が落ちてくるのか白髪が目立つ ようになりましたね。

理容院に通えない時などは自分で白髪染を買ってきて自分で白髪染を行っていたのですが、やはり染め残しなどが目立ったりしてそれはほ ぼ一時的な回避措置でしたね。生え際に白髪が残ったり、後髪の方が染めきれなかったりと、自分でそれなりに工夫しましたが、やはり理容院などプロの人が 行ってくれる時とはかなり違いましたね。50代に入り頭髪全体が白髪になってしまって、仕事も営業職から内勤に変わったため今はほとんど白髪染はしていま せん。

母の白髪染め

母はとにかく、美容室で長時間座っているのが苦手な人だったので、実家で同居している時は、私が母の白髪染めをしていました。大体二ヶ月に一回、何か行事がある時にはその前に染めていました。
いまは、沢山の種類の白髪染めが発売されていて、泡タイプのもの、オーソドックスなクリームタイプのもの、一箱で二回分入っているものなど、選ぶのに迷ってしまいます。しかし、もし誰かに白髪染めをしてもらえるのなら、断然クリームタイプのものをオススメします。
泡タイプのものは、ひとりで染める時には確かに簡単にできますが、染めムラができたり、夏の暑い日には、汗と一緒に垂れてきたりします。その点、クリームタイプのものは、しっかりと、根元まで塗ることができ、髪の表面と内側にも均一に染められるので、仕上がりも綺麗です。
私はいつも、クリームタイプのもので、母の入浴前に染めていました。染める時の部屋の気温も、結構大切で、あまり暑過ぎても寒すぎてもいけません。暑いと前述したように、汗が薬剤と混ざってしまいますし、寒いと薬剤が固くなって、思うように伸びてくれません。
これらのコツを、私も母も何回か回数を重ねることで掴みました。母が周りの方から、「綺麗な髪色ね。」と、褒められていると、私まで嬉しかったです。今は結婚して実家を出ていますが、帰省の時はその度に白髪染めをしています。貴重な母娘ふたりの時間です。

  • 1
  • 2